お店の前にあると活気の印象がまるで違うのぼり旗を、さらに効果的に配置するには

インクジェットプリントでの注意点

のぼり旗インクジェットが非常に人気を博しています。
写真や絵が鮮やかに表現できることと
一本から気軽に製作できることから
他のお店と差を付けたいお店の人などが
利用するほか、イベントなどでも様々なのぼり旗が
低予算で作成できることから
高い人気を博しているのです。

しかし、のぼり旗インクジェットには
注意点もいくつかあります。
一つは、のぼり旗インクジェットでは
版下を作成しないため多くの同じのぼり旗を
制作する場合でも料金があまり下がらないことです。

版下を作成するシルク印刷の場合には版下代が料金の大半を占めるため
印刷枚数が多くなるほど一枚当たりの単価は安くなりますが
のぼり旗インクジェットの場合にはこのようなことはありません。

もう一つは、のぼり旗インクジェットの場合には
印刷する生地の種類によりその色合いが
大きく影響を受けてしまうことです。

印刷会社が推奨する生地で印刷する場合には
それほど大きな問題にはなりませんが
異なる記事に印刷する場合には色の
にじみなどが発生する場合も有ります。

又、使用するインクによっては雨などにより
にじみが発生する場合も有ります。

のぼり旗インクジェットは広告宣伝する商品を
より鮮明に写真やイラストなどで表現することができますが
生地の性質や使用する環境により
影響を受けてしまうことも多いものです。

banner

 

印刷会社では様々な注意点を知らせてくれるので
この点を守って適正な利用をすることが
のぼり旗インクジェットの効果を最大限に生かす秘訣です。

のぼりの印刷 | グラフィック | デザイン料 | リフォーム | レギュラーサイズ| 効果| デメリット| メリット