お店の前にあると活気の印象がまるで違うのぼり旗を、さらに効果的に配置するには

配置

のぼり旗を効果的に設置する

のぼりの特徴として、活気や繁盛している
雰囲気の演出というのがあります。
のぼりを多数配置することで店舗の
周りに賑やかな雰囲気が出ます。

ひいてはそれが店内の雰囲気を
外に表すことになるのです。

つまり、のぼりの数は多いほど
繁盛している雰囲気を与える効果があります。

しかし、一方で、多すぎるのぼりは
のぼりの情報を伝える役割を邪魔してしまいます。
間隔を詰めて配置する場合には
のぼりの内容を統一したり、
逆にのぼりの内容がしっかり
見えるほどに間隔をあけて配置するなど、
どういったのぼりを置きたいかに合わせて
配置を工夫しましょう。

並べて配置するときはデザイン違い
2種類を配置するなんて
言うのも効果があったりします。
やっぱりそれも並べる間隔って大事です。
しつこすぎず、でも訴えかけてくるような
自然に目に留めてしまうような。
そのバランスを見極めるのが大切ですね。

駅伝の中継なんかを見ていて
結構沿道に並んでいるのぼりが記憶に留まりませんか?

banner


一生懸命に駅伝を見ていたはずなのに。
知らず知らずのうちに刷り込まれているのですね。
そんな感じで効果を発揮できればいいと思うのです。
素敵なデザインで、印象的なのぼりの配置を考えましょう。

あんな風に知らず知らずのうちに脳に刻み込まれていること。
それを刷り込みっていうそうです。
脳の仕組みって面白いですね。
何だか科学的な感じで難しそうに聞こえるけれど
このような身体の無意識のうちの習性を上手く利用したもの。
のぼりってそういうものだったんですね。

動くものを目でつい追ってしまう。
これもはためくのぼりに注目してしまうという人間の
習性から得た良い点ですよね。
こんな風に紐解いていくと、すごく面白いですよね。
科学の勉強とかってすごく苦手で嫌いだったけど
こういう風に読み解いていくと急に楽しくなってきます。

子供の頃の勉強って何かしらやっぱり繋がっていたんですね。

のぼりの印刷 | グラフィック | デザイン料 | リフォーム | レギュラーサイズ| 効果| デメリット| メリット