お店の前にあると活気の印象がまるで違うのぼり旗を、さらに効果的に配置するには

ネット印刷での、のぼり旗

手軽に利用できるネット印刷では
のぼり旗を注文することもできます。

費用も安いので、定期的に制作
するのであれば役に立ちます。

けれどもそのデメリットとなるのが
布の質感を確かめることができないことです。
のぼり旗は屋外で使用する宣伝ツールなので
風雨にさらされて劣化していきます。

天候の影響

その耐久性もどの程度あるのか分からないので
かなり高い頻度で交換するような利用の仕方となりますが、
しっかりとした品質で作りたいのであれば
ネット印刷では不安が残るものとなります。

また、多くの場合インクジェットの大判プリンターで
出力する形でのぼり旗を印刷します。
この場合はインキの紫外線に対する耐性の低さなどから
割と早期に劣化するデメリットがあります。

デザイン面からみると鮮やかな色合いを
表現することはできますが
例えば飲食店の食品などはすぐに色あせてしまいます。

このように劣化したのぼり旗を立てておくことは
逆に集客の面からみるとデメリットとなります。

良くないイメージ

こまめにその様子をチェックして
早いサイクルで交換することが必要になります。
そのためにコストがかかるのもデメリットのひとつとなります。

それでも、通りから奥まったような場所での飲食店など
集客には不利となる立地であればのぼり旗は役に立ちます。

たとえ短いサイクルで作り直す必要があるとしても
それが新規の顧客増加につながるのであれば役に立つものとなります。
また新商品のアピールなどにも活用することができます。

のぼりの印刷 | グラフィック | デザイン料 | リフォーム | レギュラーサイズ | ネット印刷 | 効果| デメリット| メリット| 生地