お店の前にあると活気の印象がまるで違うのぼり旗を、さらに効果的に配置するには

差別化

のぼり旗を効果的に設置する商店街や繁華街では、のぼりが乱立しています。
こういった中では、いくら大量ののぼりを立てても
のぼりに埋もれてしまい、却って目立たなくなってしまう場合があります。

いかに他店ののぼりと差別化を図ることができるか。
これが繁盛店ののぼりの大きな違いなのです。
こういったのぼりが乱立する場所でありがちなのが
他店との違いを伝えたい気持ちが全面に出過ぎて
情報を詰め込みすぎたのぼり。

情報量が多い

これは却って逆効果です。

内容はもちろん重要なのですが
こういったのぼりが乱立するエリアでは
いかに目立たせるかということに重点を置きましょう。

具体的にどうすれば目立つのか?
そこが気になるポイントですよね。
まず、自分が見る側の感覚で考えてみましょう。
のぼりにたくさん文字が書いてあっても
多く有用な情報が書いてあっても
まじまじと読む人は少ないと思います。
のぼりって通行中に目に入ってくるものですから。

ですから、わかりやすく端的に表したフレーズと
デザイン色が重要になります。
お店や企業のイメージカラーがあるのであれば
それを使うのはとても効果的です。

また、色には視認性というものがあります。

のぼりの地色と文字の色が近いと
見にくいのは想像できますよね?
このように色の調和だけでなく
見やすい色の組み合わせが非常に重要になってきます。

色の組み合わせ

セールや交通安全などののぼりってよく目にしますよね。
よくあるのが赤や黄色ののぼりです。
あれってなぜあの配色なのでしょう?

答えは、赤や黄色が注意を喚起する色だからなのです。
赤や黄色は暖色なので
前進色と言って前に浮き上がって見える色です。
ですから、比較的周りに埋もれにくい色なのです。

そして、鮮やかな彩度の高い色を使うことによって
目に飛び込んできやすいのです。

こんな風に色には意味や役割が含まれているのです。
それを理解してのぼりを作ると効果的なものが作れるでしょう。
周りの環境に多い色なども考えて
目立ちやすい色を選ぶことが重要です。

のぼりの印刷 | グラフィック | デザイン料 | リフォーム | レギュラーサイズ | ネット印刷 | 効果| デメリット| メリット| 生地